本文へスキップ

キャリア・教育・メンタルサポート 日本心理教育コンサルティング

キャリア開発・メンタルヘルスカウンセリング・就職対策講座

おもしろ心理テスト・速読 他

脳の老化予防 脳の若さを保つためにpsychology

脳の老化と認知症の予防するための方法・生活習慣・心構え

認知症・ボケ予防

脳の老化は実際の年齢よりも心・気持ちの老いと共に始まります。

逆を言えば、脳は心がけ次第である程度の若さを保つことが可能です。

脳の老化や認知症を予防し、若々しい脳を保つためには以下のことを心がけてみましょう。


脳の老化・認知症予防 脳を若く保つ方法

1.新しいことに挑戦したり、生活に変化をつけましょう。
新しいことにチャレンジすると脳の中に新しいネットワークが作られます。若々しい人は好奇心旺盛です。その一方退屈は脳の老化を促進します。

2.積極的に人を好きになりましょう。好意の感情は脳を元気にします。

3.心配や後悔などに多くの時間を費やさないよう気を付けましょう。イライラ、ムカムカ、ウジウジ、メソメソ、こういった心の習慣は脳細胞を減少を早め、 老化を促進します。 

うつ病の予防

4.逆にニコニコ、ワクワク、ハラハラ、ドキドキ、こういった心の習慣は脳細胞を増加させます。 物事をにポジティブにとらえ積極的に楽しみましょう。  

毎日を楽しくする方法!

5.栄養バランスを考えた食事をとりましょう。青魚、豆製品などは脳に良いとされる食品などをバランス良く摂取することこが大切ですが、食事を楽しむという視点も脳の若さを保つために大変重要です。
                                  
6.スポーツを楽しみましょう。楽しく運動をすると脳細胞が増加することがわかっています。 また老化を防ぐためには良く歩くこと、足腰を丈夫にすることが大切です。

7.手先を使いましょう。手は突出した脳と言われています。
                       
8.充分な睡眠をとりましょう。睡眠不足は脳にダメージを与えます。 

深く質の良い眠り

9.頭を使いましょう。筋肉も使わなければ衰えます。脳も同じです。  

脳トレコーナー
                                         
10.過度のお酒や、タバコは脳細胞を減少スピードを早める場合があります。飲みすぎ、吸い過ぎに注意しましょう。

11.音楽に親しみましょう。聴いて楽しむことも大切ですが、歌ったり、楽器を演奏したり音楽を楽しむことは脳細胞を増やす効果があることが指摘されています。

12.読書に親しみ、音読してみましょう。音読は脳を活性化させることが指摘されています。

13.出来るだけ沢山の人と会話をしたり、触れ合う機会を持ちましょう。
   多くの人とかかわることは脳にとって大変良い刺激となります。

14.心の健康管理に努めましょう。ストレスやうつ状態は脳の老化を促進します。



日本心理教育コンサルティング

※上記の内容は参考までにご活用ください。
※認知症が気になる場合は専門の医療機関の受診をお願いしております。
※こちらの情報を職場や学校内で掲載・配布をご希望の方はお気軽にご連絡ください。※講座案内などの記載のない文書ファイル(データ)をお送りすることも可能です(無料)。
※その他講演の開催などお気軽にお問合せください。 


脳の老化を予防する 速読・能力開発講座

ストレス解消講座・研修のご案内

受験生のためのメンタルケア・トレーニング

ヒューマンスキルを高める心理学講義

心理学を活用した就職対策講座

開発的カウンセリング


心理学・キャリアアップ

Site  information

日本心理教育コンサルティング


元気が出る一言

読書セラピー

脳トレコーナー

サイトマップ

インフォメーション




脳の働きを活性化させる
方法論提供しています
(第7章)